教科書のない結婚生活を誰よりも楽しむ方法って?

夢が叶って「結婚!」幸せいっぱいの生活がスタートしたはずなのに、なんだか心が満たされないような思いを抱えることもあるのではないでしょうか。

結婚生活というものは明確に正解というものがなく、自分が今送っている結婚生活が良いのか悪いのかわからなくなってしまうんですよね…。

そもそも結婚生活を送る「夫婦」というのは友達でも血縁関係のあるとても家族でもないとても特殊な人間関係です。

友達、恋人、そして結婚という道を辿ってはきていますが「婚姻」という契約で毎日生活をともにするとても不思議な人間関係なんです。

その不思議な関係性を継続して行くのが「結婚生活」なのですがもちろん結婚生活には明確な教科書はありません。

でも、せっかく一緒に暮らすのだから、誰に聞かれても自信を持って「幸せな結婚生活を送っている」と言えるようになりたいですよね?

であれば、幸せな結婚生活ついてのポイントをおさえましょう!

■結婚生活に疲れを感じてしまう理由

よく言われるように「結婚」はゴールではなく、新しい生活へのスタートなのです。

長い道のりの途中には、幸せなことや楽しいこともたくさんあるでしょう。

半面、つらいこと、苦しいこともたくさんあるのは、言わば当然のことかもしれません。

疲れる理由は人により様々です。

●経済的なゆとりがない
●家事を分担してくれない
●会話がない・気持ちが通じない
●労わる気持ち・感謝の気持ちがない
●DV
●浮気
●セックスレス

理由は人それぞれ違いますが、肉体的な疲れより、精神的な疲れを訴える人が多い特徴が見られるようです。

結婚というのは長い人生の中でトップ3に入るビックイベント。

他人同士がこの先一生を同じ屋根の下で共にするという初めての経験は、かなり大きな環境の変化を伴います。

ただでさえ生活パターンが変わることは心身ともに疲れるものです。

その上、協力者であるはずのパートナーとコミュニケーションがうまく取れないという不安が重なり、精神状態はさらに不安定になってしまいます。

つまり先程挙げた疲れる理由は全て・・「こんなはずじゃなかった」という期待を裏切られたことによって生まれます。

これこそが結婚生活に疲れを感じる元凶であり最大の理由なのです。

■結婚生活を楽しく過ごしたいなら

どの家庭にも、外から見るだけではわからない何らかの問題があるものです。

その問題を解決し、乗り越えることで夫婦の絆が深まることもあるでしょう。

でも、疲れていては何も手に付きませんよね?

乗り越えるためにはそれなりの体力や気力が必要です。

まずは元気な心身を取り戻しましょう!

そして結婚生活において一番重要なのが、「損得を考えないこと」です。

先程、述べた「こんなはずじゃなかった」という感情は《得》の部分を考えているから生まれてしまいます。

「夫婦」を、あなたが生まれ育った「家族」に置き換えて考えてみましょう。

家族だって不満もあればケンカもします。

でも、一緒にいる理由を損得では図りませんよね?

何かをしてあげたのに、何も返してくれない。

という気持ちを家庭内に持ち込むと、どうしても不満のタネになってしまいます。

やったことに対する報酬(ご褒美の物や言葉)を望まないのではなく、最初から期待する気持ちを持たないというクセをつけてしまえば、
すごく楽になります。

■まとめ

「こんなはずじゃなかった」という結婚生活最大の敵とも言える感情を消すには「損得を考えないこと」が重要です。

一見、逃げ腰に見える対策ですが、これが結婚生活において一番重要です。

もちろん、浮気やDVに関しては「離婚」という選択肢を使ってもいいとは思いますが、それ以外の事柄に関しては貴女がちょっと思考を変えるだけで一気に好転してしまうのです。

それでは、幸せな結婚生活をお過ごし下さい☆

(注目記事)夏になる前に脱毛ケアしよう

ABOUTこの記事をかいた人

主婦・子育て中ママの応援サイト「アフタヌーンハウス」編集部です。 3人の子供を育てている育メンパパのひろ編集長が、 実際主婦や子育て中のママをしながら在宅ライターとして活動している3人と一緒に、 主婦の仕事や家庭の悩みやちょっとしたお得情報をまとめてわいわい言いながらWEBマガジンとして公開しています。