子供の身長に必要なのはアルギニン!?カルシウムじゃなかったのか!

お子様の将来は日々摂取する栄養素で決まるのは常識(?)だと思うのですがみなさんがよく勘違いしているのが、「カルシウムを取ってれば身長が伸びる!」 ということです!

実際どうですか?そんな風に思ってませんでした?

実は、お子様の健やかな発育に一番必要なのは・・

『アルギニン』

という管理栄養士も大推薦する栄養素なんです!

成長期のお子様には絶対必要!『アルギニン』ってなぁに?

たんぱく質やミネラル、ビタミンなど、 健やかな成長に必要な栄養素はたくさんありますが、その中でも欠かすことのできない 栄養素と言えるのが育ちざかりのお子様に
特に必要とされる・・アミノ酸の一種の『アルギニン』です。

しかしながら、成長期のお子様は このアルギニンを体内で生み出す力が非常に弱いのです。

つまりアルギニンは・・成長期のお子様に欠かせない栄養素なのにほとんど体内で作る出すことができない!!

という、何とももどかしい 栄養素なのです。

体内で作ることができないのであれば 食事などで摂取する手段しかないのですが、食事で必要摂取量のアルギニンを 摂ろうとすると・・

○ 鶏肉、豚肉を約400g以上。
○ 納豆10パック以上。

このように1日に非常に偏った食材を大量に摂取しなくてはいけません。

もちろんこんな食生活は 続けられないでしょうしカロリー過多にもなってしまいます。

お子様の将来は成長期のアルギニン摂取量で決まる!

アルギニンのような 体内で合成し辛い栄養素は成長期のお子様の今後を左右します。

特にスポーツに励んでいるお子様には必要不可欠と言ってもいいでしょう。

それはなぜか?

成長期のアルギニン摂取の有無は・・成人になった時の体格に大きな差を生み出すからです!

例えばスポーツ1つとってもそうです。どんなスポーツでも 体格が大きな選手が有利になります。

日本人がいくら頑張っても 体格の優れているアメリカ人などに勝つことができない競技が複数あるのが象徴していますね。

また、日本のプロ野球の入団テストは 応募資格が「18歳以上25歳以下」と年齢制限だけですが、球団によっては応募資格に、 年齢制限に加えて・・

「身長175cm以上」

としているところもあります。

つまり、身長が低いというだけで、入団テストを受けることができないのです。

また、職業の選択においてもそうです。

身長の制限や、体格によって いくら努力をしても就くことのできない職業もあります。

例えば男の子の 【将来の夢のTOP10】を見ますとそのほとんどが身長や体格などが劣ると不利に働いたり、制限に引っかかってしまうものばかりなのでです。

スポーツ選手やパイロット、警察官などがいい例ですね。

つまり、成長期のアルギニンの摂取量が少ないと 将来の選択肢が狭められてしまうことに繋がるのです。

今は成長期のお子様に無理なくアルギニンを摂取していただく為のサプリメントもあるようですので成長期のお子様がいるのであれば一度、試してはいかがでしょう。

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル
(注目記事)夏になる前に脱毛ケアしよう

ABOUTこの記事をかいた人

主婦・子育て中ママの応援サイト「アフタヌーンハウス」編集部です。 3人の子供を育てている育メンパパのひろ編集長が、 実際主婦や子育て中のママをしながら在宅ライターとして活動している3人と一緒に、 主婦の仕事や家庭の悩みやちょっとしたお得情報をまとめてわいわい言いながらWEBマガジンとして公開しています。