医療事務の資格を取ろう!主婦・女性に大人気!

主婦が再就職を考える時、最初に思い浮かぶ資格と言えば「医療事務」の資格ではないでしょうか。そんな私も結婚して、第一子を妊娠している時に医療事務の資格をとったんです。

ちょうど、会社も辞めていて比較的時間に余裕があったので、通学して医療事務の資格を取得したんですが、クラスメイトの大半は主婦ばかりでした。しかも子供がある程度大きくなっている人が多かったです。

そんな主婦に大人気の医療事務の資格。なぜ、こんなに人気があるのでしょうか。
今日はその秘密に迫ってみたいと思います!

なぜ、医療事務はこんなに主婦に人気があるの?

主婦だけでなく女性にも人気のある資格として有名なのが医療事務です。では、なぜこんなに人気があるのかというと、需要がとても多いからです。病院って全国各地どこでもありますよね。ということは、転勤してどこに行っても就職先ができます。

実は医療事務の資格が無くても病院やクリニックで働くこともできるのですが、資格を持っていた方が圧倒的に有利です。また、試験内容もそこまで難しいわけではないので未経験からでも十分に合格することができます。

それに、医療事務の仕事は、正社員や派遣だけでなく、パートタイムの時短勤務も多いです。子供が小さいうちは育児もしっかりやりたいし、家事もきちんと両立させたいという人にとってはこの時短勤務がありがたいです。

もちろん、子供が大きくなったらフルタイムで働くこともできますし、働き方の選択肢が多いのも魅力の1つになります。そんな医療事務の仕事内容はというと、レセプト作成やカルテの整理などはもちろん、患者様の受付や電話対応など事務作業だけというわけではありません。

患者と病院の窓口的な存在にもなるため、ある意味サービス業にも近いでしょう。また、医療費の点数を計算するなど専門的な知識も必要になってくるので、医療事務で再就職したいという人は前もってこの資格はとっておきたいところです。

医療事務の資格って難しいの?費用や難易度は?

医療事務の資格は国家資格ではなく、民間の資格になります。ですので、これがないと絶対に働けないというわけではありません。しかし、前もってとっておくと就職活動を行う時にとっても有利になります。

また、医療事務の資格をとるための講座としては通学スタイルと通信講座があります。何かと忙しい主婦にとっては通信講座の方が子育ての合間に勉強することができるのでメリットが大きいです。

そして、医療事務の資格試験は在宅受験ができるものもあるので、例えば田舎に住んでいて試験会場になかなか行けない人や子育てに追われて時間がないという人でも心配することはありません。さらに試験では教科書を見ながら答えていくことができるので、暗記の必要はありませんよ。

ちなみに、医療事務の資格にはいくつか民間の資格があります。一番多く受験していると言われているのが「医療事務技能審査試験」で、合格率は60~70%ぐらいで、難易度もそこまで高くありません。

試験も年に数回あるので、ダメでもすぐに受け直すことができます。また、資格取得するまでの費用ですが、通信講座だと3万円~6万円ぐらいです。通学になると4万円~11万円程度です。

私は比較的時間に余裕があったので通学講座を受講しましたが、通信講座でも勉強しやすい内容でした。スクールによって様々なキャンペーンがあり、安くなることも多いので、色々資料を寄せて調べてみると良いでしょう。又、勉強期間は最短で1か月です。

この勉強期間に関しては個人差があるのはもちろん、受ける資格によって合格率や試験内容が違うのでだいたい3~6カ月と考えておくと良いでしょう。

医療事務の資格をとると有利になるの?

先ほども少しお話しましたが、医療事務の仕事は別に資格がなくても実際はできます。でも、資格を取得しておいた方が就職活動を行う時には便利です。求人募集でも医療事務の資格を持っている人が優遇されることは多く、これからますます必要になってくる資格です。

また、実際の医療現場からも資格を持っている人の方が専門的な知識があるし、診療報酬の計算などの意味が既に分かっているので、1から教える手間が省けると言われています。資格を取得するのに年齢や学歴など関係ないので、医療事務の仕事をしたいという人は必ず持っておいた方が良い資格です。

医療事務の資格のまとめ

さて、主婦に医療事務の資格が人気の理由、お分かりいただけたでしょうか。多くの口コミを見ても、妊娠中や子育ての合間に医療事務の資格を取得している人はすごく多いです。難易度もそこまで高くないですし、子供が小さいうちにとっておけば、いざという時に役立ちます。

また、この資格さえ持っていれば全国各地どこでも働くことができるのも非常に便利ですよね。それに、医療事務の勉強をして損することは何一つもありません。私もそうですが、病院やクリニックで領収書をもらった時に診療報酬計算ができてしまうので、この処置っていくらなんだという細かいところまでチェックすることができます。

比較的短時間で取得することもできるし、何より難しい言葉など一切暗記する必要がないので勉強しやすいです。まだ子供がいないけど後々、妊娠や出産を考えているという人は今のうちに是非取得しておくことをおすすめします。

(注目記事)夏になる前に脱毛ケアしよう

ABOUTこの記事をかいた人

主婦・子育て中ママの応援サイト「アフタヌーンハウス」編集部です。 3人の子供を育てている育メンパパのひろ編集長が、 実際主婦や子育て中のママをしながら在宅ライターとして活動している3人と一緒に、 主婦の仕事や家庭の悩みやちょっとしたお得情報をまとめてわいわい言いながらWEBマガジンとして公開しています。