インスタグラムのメリットとデメリット!インスタグラムをもっと楽しく活用したい♪

今、友達とのコミュニケーションツールとしても、芸能人のブランディングアイテムとしてもInstagram(インスタグラム)は流行ってます。

日本国内でもユーザー数が1200万人を越え、SNSでも利用者がどんどん増えてきています。ちなみに世界では4億人を超えてます。

しかし、多くの人が利用しているFacebookやTwitterとInstagramは何が違うのでしょうか?

また、楽しく使い続けられる人と、すぐに止めてしまう人に完全に分かれてしまうのがこのインスタグラムでもあります。

一体それはなぜなのでしょう?

それは、インスタグラムのメリットとデメリットを知ることによってわかってしまいます。

「これからインスタやってみようかな」と思ってる人は是非ともご参考にしてください。

そもそもインスタグラムとは?

インスタグラムとは、iPhoneまたはAndroid端末で写真を撮影し共有するスマートフォンのSNSアプリです。FacebookやTwitterと同じようなものですが、きれいな写真が多いのが特徴です。

芸能人などは今はインスタグラムをやっている人の方が多いくらい人気のアプリです。画像が多いので見ているだけで楽しめるのが特徴です。

インスタグラムの特徴としては以下があげられます。

・若い女性が多く利用している
・おしゃれな写真の投稿が多い
・他のSNSとの連動がしやすい
・ハッシュタグを利用してコミュニケーションする
・仲の良い人と繋がりやすい

特にInstagramではフォローしている人以外の投稿はフィードに流れてきません。これはハッシュタグを辿って他人の投稿を見る文化があるからです。

新しい情報を探す際はハッシュタグを利用するのでここに慣れないと使いにくさを感じるかもしれません。

インスタグラムと、ツイッター、Facebookとの違いとは?

いまや3大SNSと呼ばれているインスタグラム、ツイッター、フェイスブックですが初心者には何が違うのかいまいち分かりづらいですよね。

違いは非常に多くあるのですが、基本的に知っておけばよい違いをご紹介します。

インスタグラムは「写真がメイン」ツイッターは「言葉がメイン」フェイスブックはその「両方がメイン」ということです。

文章を気軽に書くならTwitter、文章を書かずに写真だけ取って気軽にUPするならInstagramが利用しやすいでしょう。

Facebookは個人でしっかり登録することが多く、昔の友達の動向や本名など色々な情報が知ることができるメリットがありますが、逆にすべての情報が出てしまうので怖いという人も増えてきているのではないでしょうか?

一方Twitterは本名ではないアカウントも多くなかなかオープンにできない趣味などで繋がりたいという方には便利です。もちろん本名で登校されている方も非常に多いです。フェイスブックのように写真や文章をしっかり書かなくてもいいので気軽にツイートしている人が多いのが印象です。

インスタグラムは写真が中心なので文章が苦手という方には利用しやすいです。また、シェアやリツイートなど拡散するというよりは、ハッシュタグを辿って好きな画像や好きな人を見つけるという感じなので他人に左右されずに自分が見たいものを見るということには特化しています。

本気でやろうと思えばそれぞれができることはほぼ同じに近くなるのですが、それぞれの基本の文化が違うというのが一番の違いかもしれません。

↓インスタグラムの使い方についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

インスタグラム(Instagram)の使い方ガイド【超初心者向け】

2017.04.10

インスタグラムのメリット

では次にインスタグラムのメリットを見てみましょう!

投稿が気楽

スマホで写真を撮って、加工して、投稿。

非常にシンプルで投稿するのがかなり気楽にできる。

たとえ、たいして魅力的じゃない写真であっても、加工フィルタを使えば、雰囲気のある写真が作れる。

『写真』は文字よりもとっつきやすいので、投稿するのに難しく考える必要がない。

簡単に魅力的な写真を投稿できるのが、インスタの最大の魅力です。

世界中の人と共有できる

インスタは言葉よりも写真なので、言語の壁がない。

写真見て「これ、いいな。」と思ったら相手がどの国の人であろうとも、関係なく繋がれる。

自分の表現したい写真を見て共感してくれる人に国籍は関係ないというこですね。

つまり、世界中と感覚だけで繋がれるということです。

インスタグラムのデメリット

インスタグラムのデメリットもご紹介しますね。

内容が薄い

インスタが続かなかった最大の理由は内容が薄いことが多くあげられます。

言葉がほとんどないインスタグラムは「パッ、パッ」と次から次へと大量の写真を見ていくだけで、深く感動することも、学びもありません。

FacebookやTwitterには言葉や記事のリンクが貼ってあるので、興味があることに関して深く知ることができますし、人と人とのつながりもそれなりに強くあって、ひとつの「コミュニティー」のようになっています。

一方インスタグラムは、人に対しての関心よりも1つ1つの写真単体に関しての関心をもてなければ成立しません。

人で見てるんじゃなくて、「写真が良いかどうか」でアカウントをフォローしていくかどうかということになります。

そもそも「写真の投稿者がどんな人なのか?」を詳しくは知ることができないし、あくまで表面的なつながりしか持てません。

URLが貼れない

ほとんどのインスタユーザーは感じることはないかもしれませんが、URLを貼れないとメディアツールとしての機能が弱まります。

自分のブログ記事を共有したり、オススメのアプリやサービスなどもインスタでは紹介できないのです。

URLが貼れないのは他のメディアに飛ばさないためなのですが、写真だけが溢れるコミュニティーはすぐに飽きてしまいます。

インスタグラムで人気の芸能人は?

インスタグラムをしている芸能人は非常に多いのですが、その中でも人気の芸能人をピックアップして見ます。

2017年4月時点での芸能人のインスタグラムのランキングです。

1位 石田ゆり子
2位 渡辺直美
3位 大島優子
4位 指原莉乃
5位 松井玲奈
6位 木下優樹菜
7位 Taka (ONE OK ROCK)
8位 ジェシカ (少女時代)
9位 ローラ (モデル)
10位 G-DRAGON

やはり女性芸能人が上位を独占していますね!

まとめると・・インスタは『写真を気楽になんとなく楽しむ』人に向け

インスタアプリを開いても、ただ「カッコイイ」「カワイイ」写真ばかりが流れてきて、それはそれで面白く感じる時もあるでしょうが、ずっと見てるとやはり飽きてしまいます。

だから好奇心があって感受性の高い若者のユーザーが多いんでしょうね。

ネットでは文字、画像、動画といった表現手段がありますが、扱う難易度としては画像が一番扱いやすいですし。

要は、SNSに何を求めているかで向き不向きが決まってきます。

SNSを利用する目的はなにかしら『学び』を求めているので、インスタグラムまず合わないでしょう。

しかし、特に熱くならず、あくまでも生活のオマケとして気軽にSNSを楽しみたい人に向いているでしょう。

あなたはどちらですか?

SNSといえども大切な時間を消費するものですので、向き不向きを考えて始めましょう☆

こちらの記事も合わせて読みたい