オフロスキーってどんな人?大人も子供も大好きみいつけた!で大人気

「よんだ?」で始まる「みいつけた!」のオフロスキーのコーナー。

初めてEテレでオフロスキーを見た時、「こんなの出てて大丈夫なの?!」って正直思ったのですが、オフロスキーのコーナーってかなりシュールで大人でもハマっちゃう魅力満載のコーナーなんですよね。

実際、私の子供たちもオフロスキーが大好きで「よんだ?」のおなじみのセリフから「オフロ、オフロ、オフロスキー♪」の歌を朝から元気に歌っています♪そんなオフロスキー、よく見てみると結構イケメンじゃないですか!

たんなる普通のオジサンだと最初は思っていたのですが、目を凝らしてみたら「あらま、結構タイプかもしれない」と思ったのは言うまでもありません。そんなオフロスキーについて今日は詳しくお話していきたいと思います。

オフロスキーの正体とは?

オフロスキーを演じている人は、小林顕作(こばやしけんさく)さんとで声優、俳優、演出家、脚本家、ダンサーと何でもできてしまう人なんです。生年月日は1971年4月9日生まれの46歳(2017年現在)。身長は166㎝と少し小さめですが、結婚していて子供が3人もいます。

小林さんはダンスカンパニー「コンドルズ」に在席していて、世界中でお芝居を披露してきた経験があるんですよ。

コンドルズと言えば、NHKの朝ドラ「てっぱん」のオープニングダンスを手掛けて以来、とっても有名になっています。

また、声優としては花王「バブ」や佐川急便、JALなどのCMの声なんかも担当していて、実はオフロスキー以外にも結構身近に小林さんのことを見ていたり、聞いていたりしているんですよ。

オフロスキーってイケメンって本当?!

オフロスキーのメイクって独特ですよね(笑)なんだか、ニューハーフのようなメイクになっていますけど…あのメイクはもちろん、「よんだ?」っていうようなぶっきらぼうなセリフからはとても素顔が想像付かない人もいるかもしれませんが、実はオフロスキーって結構イケメンなんですよ♪

あんなメイクをしていてもたまに見せる真面目な顔ってなんだか凛々しくないですか?気になって素顔を検索してみて、びっくり!とても46歳には見えなくてカッコイイ人だったんですよね!

そうと分かると、これからオフロスキーを見る目がちょっと変わってくるのではないでしょうか(笑)

オフロスキーの歌は小林さんが作詞作曲しているんです♪

オフロスキーの正体のところでもお話しましたが、小林さんはとってもマルチな才能を持っています。

実は「みつけた!」でおなじみの「オフロスキーのオーユー」や「エビバデオフロスキー」などはすべて小林さんが作詞作曲しているんです。

また、俳優の堀こういちさんとフォークデュオ「羊」としても活動しており、なんと小林さんのお父さんはみんなのうたで活躍していた作詞家だったんですよ。さすが、お父様の血を引いているだけあって芸術肌なんですね。

オフロスキーは私生活でもイケメン!

さて、マルチな才能を持って顔もイケメンのオフロスキーこと小林さんは、なんと私生活でもかなりのイケメンなんですよ。

子供が3人いるのですが、上の2人が小さい時は朝ごはんから見送りまで小林さんが担当していたと言われるぐらい子煩悩だったそうです。

最近はイクメンという言葉がありますけど、その頃はまだまだ家事・育児は妻の仕事みたいな風潮があったのではないでしょうか。

ではなぜここまで子供と関わっていたのかというと、一番上のお子さんがとても病弱で危なかったことが過去にあるらしく、その時から考え方が変わったようです。

そして、子供とのかかわりを大事にするために小林さんはなんとインターネットの契約を解約したそうですよ。そこまでできるパパってなかなか居ませんよね。

ってか、ママでもできない気がするけど…

こんな話を聞いていると、テレビやDVDを子供に見せたり、ネットでYouTubeを子供たちに見せている私って…ってなってしまいますが(苦笑)いずれにせよ、小林さんはお仕事以外でもかなりのイケメンであることは間違いなさそうですね。

オフロスキーのまとめ

以上、オフロスキーについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

私自身、長男が1歳ぐらいのころから「みいつけた!」は見ているのでかれこれ7~8年近く?見ているような気がするんですけど、全然顔も芸風?も変わらないなって思ってみていました。

オフロスキーの発言って、子供には分かりにくいけど大人ならクスっと笑ってしまうようなネタもあったりするんですよね。

そこが私自身はツボでついついハマって子供たちと見てしまうのですが、まさかこんなにマルチな才能を持っているなんて知りませんでした。

また、順風満帆に何でも器用にこなしている小林さんに見えますが、挫折を経験したこともあるんですよ。そんな時に助けてくれたのは演劇の仲間たちだったそうです。

さて、オフロスキーのことがより分かったところで、「みいつけた!」を見るのが楽しみになってきたのではないでしょうか。

今日も子供たちが帰ってきたら一緒にオフロスキーを見て楽しみたいと思います♪

こちらの記事も合わせて読みたい