薬局で買える口内炎に効果的な市販薬ランキングベスト5!

口内炎ってできると、本当に痛いですよね。

最近は、サプリメントを飲んだり、食事や生活習慣に気を付けていることもあってあまり口内炎ができなくなったのですが、ついこの前まではしょっちゅうできていた覚えがあります。

口内炎ができてしまうと、醤油やトマトが染みてしまって美味しい食事も苦痛になってしまいますよね。そこで、常備しておきたいのが口内炎のお薬!実は、薬局で買える市販薬があるって知っていましたか。

そこで今日は、薬局に売られている口内炎の市販薬をランキング化してみました。
是非、このランキングを参考にしてもしもの時のために備えておきましょう。

口内炎に効く市販薬ランキング

口内炎の市販薬には塗るタイプと貼るタイプがあります。
どちらが良いかは好みになりますが、私自身はパッチタイプより軟膏の方がより効いているような感覚があります。

それでは、口内炎に効果のある市販薬のランキングを紹介していきたいと思います。

第1位 ケナログA口腔用軟膏

ケナログは誰もが聞いた事のある口内炎のお薬ではないでしょうか。病院で、口内炎というと処方してもらえるのがケナログで、市販薬にはケナログAというものが売っています。この2つですが成分に違いはなく、効果に違いはありません。

ケナログAは副腎皮質ステロイドで口の中の炎症を抑えるとともに、口内炎による痛みも抑えてくれます。ステロイドと聞いて心配になった人もいるかもしれませんが、使われている量も少量な上、長期的に使用することはないので安心して良いです。

口内炎の部分に直接ぬることで患部をしっかり保護し、粘膜にピッタリと張り付きます。

https://item.rakuten.co.jp/beauty-pony/g-4987279112503-3/

第2位 口内炎パッチ 大正クイックケア

パッチタイプで一番人気にある口内炎の薬と言えば、口内炎パッチ大正クイックケアになります。口内炎パッチにはステロイド系と非ステロイド系の2種類がありますが、クイックケアはステロイド系です。

パッチタイプなので患部を強力に保護する効果があり、とくに痛みがひどい人にはおすすめです。ただし、貼るのが結構難しく慣れるのに時間がかかります。それでも、口コミで評価が高く効率良く口内炎を治すことができるため人気があります。

また、パッチなので食事をする時などに支障があまりありません。

https://item.rakuten.co.jp/megadrug/4987306019508/

第3位 トラフル ダイレクト 12枚

口内炎に効果があると言われているトラフルには貼るタイプ、軟膏、錠剤、スプレーと4種類ありますが、パッチタイプが非常に便利です。フィルムタイプの口内炎のお薬なんですが、貼ったパッチは自然と溶けてなくなるので、後から取り出す必要がありません。

厚さも0.17㎜ととても薄く付けている間も違和感がありません。保護する力が強いので、痛みや炎症がひどい時にはとくに貼るタイプを使った方が良いです。

https://item.rakuten.co.jp/fortress/10000735/

第4位 チョコラBBプラス 250錠

チョコラBBプラスは、テレビCMでも見たことがある人も多いと思います。疲れた時や肌が荒れた時に飲むイメージがあるけど、実は口内炎にも効果があるんですよ。私自身もチョコラBB を常備しているのですが、口内炎ができた時は良くお世話になっていました。

では、なぜチョコラBBが良いのかというと口内炎に効果のある成分ビタミンB群が豊富に含まれているからです。ですので、チョコラBBを摂ることで口内炎の治療の回復を早める効果が期待されています。

外からのケアも大事ですが、体の中からのケアも重要です。

https://item.rakuten.co.jp/energy/b7/

第5位 トラフル錠 36錠

第3位に入っていたトラフルはパッチタイプですが、こちらは錠剤タイプのお薬になります。口内炎はもちろん、喉が痛い時にも効果があると言われており、炎症を抑える効果と皮膚や粘膜を正常に働かせる効果があります。

トラフル錠は、ステロイドが含まれていないので安心して飲むことができますよ。一般的に貼るタイプと塗るタイプの口内炎のお薬はステロイドが含まれていることが多いですからね。気になる人はトラフル錠を選ぶと良いでしょう。

https://www.amazon.co.jp/dp/B002K7Y2MI/

薬局で買える口内炎の市販薬のまとめ

以上、薬局で買える口内炎の市販薬についてお話してきました。
私自身、口内炎には結構悩まされたので実際に使ったお薬が結構ランキングに入っています。

しかも、塗るタイプ、貼るタイプ、飲むタイプとほぼ試しているのでどれが一番自分に合っているかは分かっています。確かに痛みが強い時はパッチタイプがお勧めなのですが、テクニックが少し必要になってくるので、場所によっては軟膏の方が良かったりもしますし、子供に使う場合は使い方が難しくなってしまうものもあります。

また、口内炎ができる前に予防していくことも大事です。日頃からバランスのとれた食事を行い、生活習慣を整えることも大事です。私自身、ちょっとしたことではありますが食事の内容に気を遣うようになってほとんど口内炎ができなくなりました。

しかし、もしもの時のためにお家の救急箱には口内炎の薬を常備しています。是非、今日のランキングを参考にして家に1個は常備しておくようにしましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい