アマゾン(amazon)フレッシュとは?アマゾンがネットスーパーにも進出!

「今夜くらべてみました」の準レギュラーと言っても過言ではない人と言えばお笑い芸人の渡辺直美さんではないでしょうか。

4月26日放送では、かたせ梨乃さんと長井短ちゃんと一緒にゲストとして出ていましたよね。

その中で渡辺直美さんの新居について紹介されていたのですが、その時にハーゲンダッツのアイスクリームを頼んでいるシーンがあって2,500円以上買い物をすれば送料890円もかかるけど1時間以内に注文して自宅に届けてもらえるっていうものがありました。

これ、実はamazonプライムのサービスの一環なんですけど、実はそんなamazonから2017年4月27日より新サービスが展開されたのを知っていますか?

それがアマゾン(amazon)フレッシュです。

さすがに1時間でお届けとはいきませんが、注文してから発送まで最短4時間とかなり使えますよ!

というわけで、まだあまり認知されていないAmazonフレッシュについてここでは詳しくお話していきたいと思います。

編集部
楽天マート、イオン、西友、イトーヨーカドーの牙城を崩せるか!!気になりますよね^^

Amazonフレッシュって何?

Amazonフレッシュとは、amazonプライム会員向けのサービスとして展開している生鮮食品や日用品を取り扱ったサービスのことを指しています。

取り扱っているものとしては野菜、お肉、魚、乳製品、お菓子などの食料品が17,000点以上、この他にもベビー用品や健康用品などの日用品、さらには堂島ロールや人形焼きなどの専門店グルメまで取り扱っていて全部で10万点以上の商品が提供されていると言われています。

いわゆるイオンネットスーパーやイトーヨーカドーネットスーパーなどに近い感じです。

イオンネットスーパーはこんなにお得?そのメリットとは?

2017.04.25

オムニ7(omni7)とは何?セブンイレブンで受け取れる総合ショッピンググループ

2017.04.18

今までamazonと言えばCDや書籍、DVDを始めとしたネット通販からスタートし、家電や玩具など取り扱っているものがどんどん増えていき、ついには生鮮食品まで領域が広がったという感じです。

ここまで幅広く展開されていくと、amazonってもはや何でも屋さんみたいな位置付けになってきますよね(笑)

Amazonフレッシュの配送サービスエリアって全国展開しているの?

さて、生鮮食品にまで手を広げたAmazonフレッシュですがまだまだ配送対象エリアとしては狭く、東京都の港区、千代田区、江東区、中央区、墨田区、江戸川区の6つの区域でしか展開されておりません。

したがって、このエリアに住んでいないとAmazonフレッシュは利用できないことになっています。

ただ、23区を始め、徐々に配達エリアを広げていくと言われているので、数年以内には全国展開しているかもしれません。

とっても便利なサービスなので、都会はもちろんですが田舎のエリアにまで拡大してくれると助かる人は多いかもしれませんよね。

どうやったらAmazonフレッシュを使うことができるの?

では、どうやったらAmazonフレッシュを使うことができるのかについてですが、まずはamazonプライムの会員になる必要があります。Amazonフレッシュはプライム会員じゃないと利用できません。

Amazonプライムの会員は年会費3,900円です。
※30日間無料体験あり
これに、Amazonフレッシュを利用する場合は月額500円がさらにかかってきます。

また、先ほども言いましたが対象エリアに入っていないと今のところ使うことはできません。


>>アマゾンプライム30日間無料体験はこちら

ただ、Amazonフレッシュを30日間無料で使えるサービスを設けているので、対象エリアの人は一度体験してみるのも良いでしょう。

Amazonフレッシュの配送時間帯や配送料ってどうなっているの?

Amazonフレッシュの配送時間帯は午前8時から深夜0時までの間となっています。

2時間ごとの配送時間帯から指定することができる上に、なんと注文から最短で4時間以内に商品が届きます

ですので、朝出勤前にポチっと注文しておいて帰ってくる頃に商品が届くように設定しておけば、買い物の手間も省けるし、いつでも新鮮な物が届いて便利ですよね。

また、配送料ですが注文金額が合計で6,000円以上であれば送料が無料になります。

6,000円未満の場合、1回の注文で配送料は500円かかります。

「え?!6,000円以上なんて無理だから」って思う人もいるかもしれませんが、意外と6,000円ってすぐに達成することができてしまいます。

例えば、赤ちゃんがいるお家はオムツやおしりふきをまとめて買ってしまえばあっという間に6,000円になります。

また、アルコールを飲む方はビールのまとめ買いをしたり、常にペットボトルの水を飲んでいる人などは水をまとめて買えば6,000円なんてあっという間です。

さらに、重たいお米や醤油などの調味料類を頼めば家まで運んでもらえるので、とっても便利ですよ。

Amazonフレッシュのまとめ

以上、Amazonフレッシュについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

個人的には「Amazonって、良い意味で何でもできるんだな」って感心しているのですが、今後どうなっていくのか楽しみな分野ではありますよね。

まだ始まったばかりで、ほとんどの人が知らないサービスではあると思います。

対象エリアも東京の6つの区域だけですからね。

ただ、Amazonって名前を誰もが知っているように、これからどんどん拡大していくことで、amazonフレッシュがみんなの中で一般的になることは間違いないでしょう。

今後がとっても楽しみなサービスの1つです。

ネットススーパー4社を比較してみました!楽天マート・イオン・西友・イトーヨーカドーどこがお得?!

2017.02.27

こちらの記事も合わせて読みたい