低血圧の数値の幅ってどのくらい?症状や原因・改善策を紹介!

「朝起きるのが苦手な人は低血圧である」という言葉。昔からよく聞きますよね。

しかし、これって実は科学的根拠はないらしいですよ。ただ、低血圧になると日常生活に様々な影響が出てくるのは事実です。

そこで今日は低血圧の数値がどのくらいか、低血圧になるとどうなるのか、低血圧の改善方法などなど詳しく紹介していきたいと思います。

低血圧の数値の幅ってどのくらい?

そもそも低血圧とはどういう状態なのかというと、血流が血管にかける圧が低い状態のことを指していて、痩せ型の人や栄養不足の人などが当てはまりやすいと言われています。
では、低血圧の数値っていったいどのくらいあるのでしょうか。

まず、血圧の正常値がどのくらいかというと

最高血圧が140mmHg以下
最低血圧が90mmHg以下

になるそうです。これより高いと高血圧になってしまいます。

そして、WHOで基準となっている低血圧の数値の幅ですが

最高血圧が100mmHg以下
最低血圧が60mmHg以下

となっています。ただし、低血圧でもよっぽどひどい症状が出ていない限り、とくに治療をする必要はありません。では、低血圧にはどんな症状があるかというと以下の通りです。

低血圧の症状とは

・立ちくらみ
・めまい
・体の冷え
・肩こり
・動悸
・疲労感
・不眠
・便秘
・朝起きられない
・食欲不振
・集中力の低下
・頭痛
・吐き気・胸やけ

などなどこんなにたくさんの症状があります。
これだけ見ると低血圧ってなんだか怖いですよね。ただし、低血圧の人は高血圧の人と比べて命に関わる危険が低いと言われており、高齢になると正常値に戻る人もいるため長生きする人が多いと言われているんですよ。

低血圧の数値の幅は年齢によって変わるのか?

さて、上記で低血圧の数値の幅についてお話してきましたが、この数値は年齢によって変わってきます。なぜなら、血管も年齢を重ねるにつれて、老化していくからです。人は、年齢を重ねるにつれて、高血圧になりやすくなります。

それなのに、みんな同じ数値の幅だとおかしいですよね。そこで、年齢別の血圧の正常値について紹介しておきます。

30代 最高血圧 114~124mmHg 最低血圧 71~79mmHg
40代 最高血圧 123~130mmHg 最低血圧 77~84mmHg
50代 最高血圧 133~138mmHg 最低血圧 81~85mmHg
60代 最高血圧 141mmHg 最低血圧 83mmHg
70代 最高血圧 145mmHg 最低血圧 80mmHg

となっています。

低血圧ってなんでなるの?

低血圧には主に3つの原因があると言われています。

①本態性低血圧

体質や遺伝によるもので、症状が表れても気づかない人も多く、治療の必要はほとんどありません。

②起立性低血圧

急に立った時など血圧の調整が行えず、脳の血液量が減ってしまうことから立ちくらみやめまいなどが起こります。起立性低血圧は普段低血圧ではない人でも起こることがあり、子供や年配の方、若い女性に起こりやすいです。

ただ、症状は一過性のもので血圧が安定すると治まります。立ちくらみやめまいなどの症状が出ている時は、無理をしないようにして横になるなどしておきましょう。

③症候性低血圧

症候性低血圧は、病気や薬などによって起こる低血圧で、もともとの病気が原因とんたているため「二次性低血圧」とも言われています。こちらは、原因を特定し対処していくことで改善していきます。

低血圧を改善しよう!

低血圧は、よっぽど低い数値でない限り、生活改善を行うことで改善していきます。
命に別条はない低血圧ではありますが、なるべく予防しておいた方が良いので改善方法について紹介しておきたいと思います。

栄養バランスのとれた食事をする

偏食は全ての健康面において良くないですが、とくに低血圧の場合はビタミン、ミネラル、たんぱく質をしっかり摂取することが重要です。

適度な運動を行う

運動を全くしていない人は、ウォーキングやストレッチ、階段上り下りなど適度な運動を行うようにしましょう。

タバコとアルコールを控えよう

低血圧の人でタバコやアルコールを常習している人は少しずつ量を減らしていきましょう。無理をして一気に減らしてしまうと、ストレスが増える可能性もあるので、無理のない程度に行うようにして下さい。

早寝早起き・1日3食!

低血圧の症状に寝起きが悪いというものがありますが、何度も二度寝したりして朝ごはんを抜く人が多いです。朝ごはんをしっかり摂るようにして、睡眠時間は最低でも7時間以上はとるようにして下さい。食後にコーヒーやお茶を飲むとカフェインの効果で血液の流れが良くなりますよ。

入浴中にマッサージをしよう

低血圧の人は体が冷えている人が多いです。しっかり、浴槽に浸かって体を温めてあげましょう。その時、マッサージも一緒にしてあげることで血行が良くなります。

低血圧の数値の幅のまとめ

以上、低血圧の数値の幅についてお話してきました。

とくに、低血圧の症状を見て「ある、ある」と思った人も多いのではないでしょうか。
気になる人は、自分の血圧をまずは測ってみて下さいね。数値が低かった人は是非、改善策を試してみて下さい。

こちらの記事も合わせて読みたい