カロリーメイトでダイエットできるって知ってた?驚きの効果とは?

私自身が小さい時に突如、出てきた栄養補助食品のカロリーメイト。

初めて見た時は「おやつ?」と思っていたのですが、よくよく話を聞いていると食パン1枚食べるよりも栄養がギュっと詰まっていて体に良いんだよと聞いて、早速食べてみることに!

ただ当時はプレーン味しかなくて、「美味しい?」というのが正直な感想だったのですが、いつの間にかチーズ、チョコレート、フルーツ味とどんどん味が増えていき、カロリーメイトって手軽で美味しいなと思うようになりました。

中学生の頃はおやつ代わりによく食べていたのですが、今でもお昼ご飯を食べるタイミングを逃した時などにたまにお世話になっています。そんな栄養がたっぷり詰まったカロリーメイトで実はダイエットができるって知っていましたか。

今日は、そのカロリーメイトを使ったダイエットについて詳しく解説したいと思います!

カロリーメイトって何?!

カロリーメイトダイエットを語る前にどうしてカロリーメイトが生まれたのかを説明していくと、一昔前に朝ごはんを食べない人が増えてきていることが社会的な問題として取り扱ったことがあったんです。

でも、皆さんもご存知のように朝ごはんって1日のうちで1番重要と言われるぐらい食べた方が良いと言われていますよね。朝ごはんを食べないと集中力が切れてしまったり、仕事の効率が悪くなるなどデメリットが多いです。

ではなぜこんなに朝ごはんが重要と分かっておきながら朝ごはんを食べない人が増えたのかというと、単に面倒くさいとか食べる時間があれば寝ていたいとか、作る時間が無いとか意外と理由は単純なんです。

そこで朝食代わりに、手軽に栄養バランスの摂れるカロリーメイトが開発されたんです。
発売当初はブロックタイプのものだけでしたが、ドリンクタイプやゼリータイプのものも販売されるようになり、好みによって選べるようになりました。

カロリーメイトダイエットの効果とは

カロリーメイトはもともとダイエットのために作られたものではなく、手軽に栄養が摂れる栄養機能食品として販売されました。とくに、ブロックタイプのカロリーメイトは1本100㎉となっているため、カロリー計算も簡単にできてしまいます。

この1本の中には5大栄養素がバランス良く含まれていて、あれこれ栄養バランスを考えて食事をする必要がないのも手軽さの1つです。ただ、カロリーメイトは太るという噂もあります。通常、4本入りでブロックタイプは売られていますよね。

あれを全部食べると単純に400㎉になります。これはご飯1杯分が約356㎉と言われているので、ご飯に置き換えてカロリーメイトを食べてしまうと単純にカロリーメイトの方がカロリーが高いです。

しかし、注目したいのはカロリー以外の栄養素の面でビタミンやミネラル、葉酸などの栄養素がたっぷり詰まっていることから栄養価だけを考えてみると白米よりもバランスが良いということになります。

カロリーメイトダイエットのやり方とは

カロリーメイトの効果が分かったところで、今度はカロリーメイトを使ったダイエット法についてお話したいと思います。カロリーメイトダイエットのやり方は食事とカロリーメイトを置き換える置き換えダイエットになります。

また、カロリーメイトと炭酸水や水を一緒に摂取することでより満腹感が持続しやすくなります。もちろん、炭酸水を選ぶ時は糖質0の炭酸水を選ぶようにしましょう。

そして置き換えるタイミングですが、朝昼晩、自分の好きなタイミングで置き換えてOKです。ただ、ダイエット初心者でも取り組みやすいと言われているのが朝食をカロリーメイトに置き換える方法になります。

朝ごはんをどのぐらい食べているかにもよりますが、朝食をカロリーメイトに置き換えることでお腹が空くのがいつもより早く感じる人もいるかもしれませんが、昼と夜はしっかり食べて良いのでダイエット初心者でも続けやすい方法となります。

ただし、いくら栄養価が高いからと言ってカロリーメイトを間食に置き換えることだけは絶対止めて下さい。カロリーメイトって、結構カロリーが高いです。これを間食にしてしまうと、栄養価が高すぎて脂肪になってしまいます。

そうなると、ダイエットどころか逆に太ってしまいますよね。間食はできるだけ無しにするかカロリーが低めのものを選ぶようにしましょう。

カロリーメイトダイエットのまとめ

以上、カロリーメイトダイエットについてお話してきました。私の場合、よくお昼ご飯が食べられない時にカロリーメイトを食べたりするんですけど、これを継続的に行うことでダイエットにつながるとは知りませんでした。

また、私の子供もカロリーメイトが好きで運動後にたまに食べたりするんですけど、本当に腹持ちが良くて重宝するんですよね。カロリーメイト好きな人には堪らないダイエット法かもしれません。正しいやり方を守って、是非トライしてみて下さい。

こちらの記事も合わせて読みたい