不倫と違う?婚外恋愛をする主婦のきっかけや長続きするかどうかは?

不倫という言葉に代わって使われているのが「婚外恋愛」です。家庭をもつ主婦の中には、婚外恋愛を楽しんでいる女性もいます。

婚外恋愛という単語自体はそれほど普及していませんが、新たな恋愛の形として捉えられているんです。

そもそも婚外恋愛とは?不倫との違いは?

皆さん、婚外恋愛とはどんな意味で使われているか知っていますか?
実は、婚外恋愛の定義は決まっておらず、不倫と似たような意味で使われていることが多いです。
女性の不倫は、夫ではない男性と男女関係をもつことです。女性の婚外恋愛は不倫と比べると、割り切った恋愛として認識されています。

婚外恋愛のきっかけ

これってもしかして不倫、婚外恋愛なの?となんとなく身に覚えがあると思う女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

婚外恋愛のきっかけは様々あります。
いくつか例を想像してみましょう。

・いつも通っている美容室の担当者さんの気が合って連絡を取り合うようになった
・自分の娘、息子の友達の父親と趣味の話で盛り上がり、メールするようになった
・同窓会で学生時代の友人に会い、当時の話がはずんで頻繁に連絡するようになった

初めは恋愛感情がなく、友人として共通の趣味や話題を楽しんでいるケースが多いです。不倫や婚外恋愛の実感を持たないまま、知らずのうちに恋愛感情をいだき、婚外恋愛として発展していきます。

婚外恋愛のデートは、夫にバレない場所で

婚外恋愛は、夫にバレないことが長続きの秘訣になります。そのため、婚外恋愛のデート先には、夫の行動範囲外の場所を選ぶと良いようです。
具体的には、自宅はもちろん、夫の勤務先・同僚や上司の自宅周辺を避けるようにするのがベター。
県外や、個室居酒屋、ちょっとお高いホテルなどが、婚外恋愛のデート先に選ばれているようです。

婚外恋愛はどれくらい続くのか?

婚外恋愛が実際にどれくらい続くのか、気になりませんか?
人によって期間は異なりますが、4年、6年、10年以上も続いている女性も。

こちらは、夫との家庭を持ちながら、婚外恋愛を続けている期間です。婚外恋愛は思ったよりも長く続くんだと感じる方も多いのではないでしょうか。

長く続く秘訣としては、お互いの家庭を円満に保ちながら、気晴らし感覚で楽しむことと、パートナーに絶対バレないことです。
夫や妻を最も大事に思いながら、婚外恋愛の相手と恋愛を楽しむスタンスが重要です。

婚外恋愛の悩み、夫への愛情を感じなくなる!?

家庭を持ちながらの婚外恋愛。夫以外の男性への気持ちが強くなり、悩んでしまう女性も増えています。

今ある家庭とは割り切って恋愛を楽しむだけのつもりが、だんだん婚外恋愛の相手に本気になってしまった…。
夫への恋愛感情が無くなり、夫婦関係の必要性を感じなくなってしまった…。

婚外恋愛中の男性に対し「好きだ」という気持ちを抑えられなくなり、家庭との両立に悩んだら、一度立ち止まって、家庭を思い出してみてください。

婚外恋愛に悩んだら、家庭や夫を思い出して

婚外恋愛中の男性へ気持ちが強くなると、どうしても夫への愛情が薄れたと感じてしまう方もいると思います。

まずは、夫となぜ結ばれたのか、一旦考えてみてください。
好きだ、愛しているといった恋愛感情のほかに、この人と家庭を築いていきたい、という信頼があったからではないでしょうか?

婚外恋愛で、夫への愛情が薄れたと感じても、家庭を捨ててまで婚外恋愛に没頭するかどうかは、一旦落ち着いて考えてみましょう。

家庭は自分だけのものではなく、夫と築いた共同のものですから、夫の気持ちを確認してみることで、忘れていた夫への愛情や信頼を再認識できるかもしれません。

婚外恋愛を本気で楽しむには

どうしても婚外恋愛中の男性を本気で好きになってしまったなら、存分に恋愛の楽しさを味わいましょう!
自分の人生は1度きりですし、人を好きになれるタイミングもいつ訪れるかわかりません。

夫以上に好きになれる相手を見つけて、恋愛関係に発展できるのは更に貴重な機会で、幸せなことではないでしょうか?

もちろん、自分だけでなく夫の人生も1度きりです。

本気で他の男性と恋愛をするなら、夫の人生を振り回さないように覚悟を決めて夫と別れることが、大人の恋愛だと思います。

割り切った婚外恋愛から、本気の恋愛として長続きさせるには、ピュアな気持ちで存分に恋愛を楽しむことだと思います。

夫と別れてよかったのだろうか…と後悔して悩むのではなく、心機一転して新しい気持ちで恋愛に没頭しましょう!

もちろん、別れた夫への感謝の気持ちを忘れずに!

こちらの記事も合わせて読みたい